メンバー

三河内 岳

MIKOUCHI, Takashi

教授
総合研究博物館

居室: 総合研究博物館本館218
電話: 03-5841-2830
ファックス: 03-5841-8451
メールアドレス:
HP: http://www-space.eps.s.u-tokyo.ac.jp/group/mikouchi-lab/

研究分野

惑星物質科学・鉱物学・隕石学

研究内容

現在の主要研究テーマは、微小領域X線、電子線分析装置(X線回折計、電子線マイクロプローブ、走査型・透過型電子顕微鏡)などを用いた地球外物質の鉱物学的研究である。太陽系が誕生した初期情報を残す未分化の隕石やNASAのスターダスト探査機によって得られた彗星塵・はやぶさ小惑星探査機によって得られたイトカワ小惑星塵から月起源や火星起源の隕石などの分化した惑星物質まで広く扱い、太陽系の物質進化についての解明を行うことを目的にして研究を行っている。
近年、行ってきた主要な研究成果は下記のものである。
1. NASAのスターダスト探査の初期分析チームとして、探査機が持ち帰って来たWild2彗星の塵を電子顕微鏡、放射光X線回折を用いて分析し、カンラン石や輝石が主要鉱物として含まれることを明らかにした。 また、はやぶさ小惑星探査機がサンプルリターンを行った小惑星イトカワの微粒子を分析し、約800度の熱変成を受けた普通コンドライト(LL5〜6)とよく一致することを示した。
2. 小惑星として宇宙空間で観測された天体が地球に隕石として落下した初めての例であるAlmahata Sitta隕石の分析を行い、輝石の微細組織の観察より高温から急冷したことを示し、金属鉄の詳細な分析からその後の超急冷過程も存在することを明らかにした。Almahata Sitta隕石をはじめとした様々な角レキ化した隕石の分析により、母天体が破壊され、さらにその破片が再集積するイベントが普遍的であることを指摘した。
3. ナクライト火星隕石の詳細な鉱物学的研究により、このグループに属する隕石が火星の同じ岩体を起源とし、さらに岩体の中で表層から深部まで層状に分化していたと言うモデルを提唱した。また、その他の火星隕石の分析から、衝撃変成作用によりカンラン石が黒色化することが普遍的に起こっており、この原因がカンラン石中に析出した鉄のナノ粒子であることを示した。

主要論文・著書

1. Mikouchi T. et al. (2014) Mineralogy and crystallography of some Itokawa particles returned by the Hayabusa asteroidal sample return mission. Earth, Planets and Space, 66, 82.
2. Popova O. P. et al. (2013) Chelyabinsk airburst, damage assessment, meteorite recovery, and characterization. Science, 342, 1069-1073.
3. Mikouchi T. et al. (2010) Electron microscopy of pyroxenes in the Almahata Sitta ureilite. Meteoritics and Planet. Sci., 45, 1812-1820.
4. 三河内 岳 (2014) 「エポックメイキングな隕石たち(その4):Elephant Moraine A79001隕石〜火星起源を証明した隕石」, 遊星人 (日本惑星科学会誌), 23, 278-282.
5. 三河内 岳・栗原 大地・笠間 丈史 (2011) 「火星隕石中の黒色カンラン石:衝撃変成作用による鉄ナノ粒子の形成」, 遊星人 (日本惑星科学会誌), 20, 161-168.
6. 三河内 岳・紋川 亮・杉山 和正 (2011) 「地球外試料中角閃石の結晶化学と形成過程について」日本結晶学会誌, 53, 64-69.