メンバー

橘 省吾

TACHIBANA, Shogo

教授
宇宙惑星科学講座

居室: 理学部1号館836
電話: 03-5841-4430
ファックス: --
メールアドレス:
HP: http://shogo-tachibana.webnode.com/

研究分野

宇宙化学

研究内容

銀河の中で太陽系はどのように誕生したのだろうか. 太陽の周りを回るガスと塵の円盤からつくられた惑星達はどうして個性豊かなのだろうか. そして, なぜ地球には生命が産まれたのだろうか. 宇宙や太陽系, 惑星の進化の鍵を握る化学反応を実験で明らかにし, 太陽系・惑星の成り立ちに迫りたいと考え, 以下のような研究に取り組んでいます. (1) 初期太陽系化学進化, (2) 太陽系誕生環境, (3) 宇宙でのダスト形成, (4) 始原隕石コンドライト構成物質の形成条件, (5) 太陽系小天体探査, (6) 地球惑星システムで起こる化学反応の速度論

主要論文・著書

1. Tachibana S., Kouchi A., Hama T., Oba Y., Piani L., Sugawara I., Endo Y., Hidaka H., Kimura Y., Murata K., Yurimoto H. and Watanabe N. (2017) Liquid-like behavior of UV-irradiated interstellar ice analog at low temperatures. Science Advances 3, eaao2538. doi:10.1126/sciadv.aao2538
2. Piani L., Tachibana S., Hama T., Tanaka H., Endo Y., Sugawara I., Dessimoulie L., Kimura Y., Miyake A., Matsuno J., Tsuchiyama A., Fujita K., Nakatsubo S., Fukushi H., Mori S., Chigai T., Yurimoto H. and Kouchi A. (2017) Evolution of morphological and physical properties of laboratory interstellar organic residues with ultraviolet irradiation. Astrophys. J. 837, doi:10.3847/1538-4357/aa5ca6
3. Tachibana S., Abe M., Arakawa M., Fujimoto M., Iijima Y., Ishiguro M., K. Kitazato, Kobayashi N., Namiki N., Okada T., Okazaki R., Sawada H., Sugita S., Takano Y., Tanaka S., Watanabe S., Yoshikawa M., Kuninaka H. and the Hayabusa2 Project Team (2014) Hayabusa2: Scientific importance of samples returned from C-type near-Earth asteroid (162173) 1999 JU3. Geochem. J. 48, 571-587. doi:10.2343/geochemj.2.0350
4. 橘 省吾 (2016) 星くずたちの記憶-銀河から太陽系への物語 (岩波科学ライブラリー), 岩波書店, pp.128.
5. 橘 省吾 (2014) 太陽系の元素は銀河系から, 宇宙と生命の起源2 ~素粒子から細胞へ (岩波ジュニア新書) (小久保英一郎・嶺重慎編), 岩波書店, pp.256.
6. 橘 省吾, 澤田弘崇, 岡崎隆司, 高野淑識, はやぶさ2サンプラーチーム (2014) 「はやぶさ2」サンプルリターン探査 -太陽系始源天体探査における位置づけ-. 地球化学 48, 265-278. doi:10.14934/chikyukagaku.48.265