メンバー

武井 康子

TAKEI, Yasuko

教授
固体地球科学講座

居室: 理学部1号館中央棟744
電話: 03-5841-5770
ファックス: --
メールアドレス:
HP:  

 

研究分野

地球内部物性とダイナミクス

研究内容

1) 岩石非弾性

岩石が高周波極限では弾性体、低周波極限では粘性体として振る舞うことはよく

知られているが、弾性と粘性の中間的な振る舞い(「非弾性」と呼ばれる)につ

いては分からないことが非常に多い。最近の地震学の発展により、地球内部の地

震波トモグラフィー像が高解像度で得られるようになったが、得られた地震波構

造から地球内部の温度や化学組成の不均質を推定するためには、岩石非弾性が地

震波に与える影響を解明する事が重要であることがわかってきた。室内実験と理

論モデルを用いて岩石非弾性の解明を行なっている。



2) 部分溶融岩石の物性とダイナミクス

岩石の部分溶融は、液相の発生と分離を通した物質分化のプロセスとして重要で

あるのみならず、岩石の流動性が増したり弾性波速度が低下したり、という力学

的プロセスとしても非常に重要である。最近の研究から、上部マントルの部分溶

融領域では極微小量の液相でも非常に速やかに分離してしまうことがわかった。

なぜ液相が速やかに分離できるのか、なぜ僅かな液相しか残らないのに柔らかく

振る舞うのか、根本的な疑問が生じている。



3) 岩石アナログ物質を用いた実験

上部マントルでは、岩石がその融点に近い温度状態にある。このような高温での

実験は難しいため、広い周波数帯域にわたる非弾性特性や、微小量メルトの影響

の解明を困難にしてきた。そこで、岩石と共通の物理素過程を持ち、岩石よりも

遥かに融点の低い多結晶体を岩石のアナログ物質として用いることで、非弾性や

微小量メルトの影響を室温近傍の温度で詳細に調べる研究を行なっている。岩石

を用いた実験では分からなかった様々な事がわかってきた。

主要論文・著書

1. Takei Y. 2017, Effects of partial melting on seismic velocity and attenuation: A new insight from experiments, Annu. Rev. Earth Planet. Sci. 45:447–70. https://doi.org/10.1146/annurev-earth-063016- 015820
2. Yamauchi, H., and Takei, Y. 2020, Application of a premelting model to the lithosphere-asthenosphere boundary. G-cubed, 21, https://doi.org/10.1029/2020GC009338
3. Takei Y. 2022, Effect of impurities on polycrystal anelasticity, JGR solid Earth, in press, https://doi.org/10.1029/2021JB023224
4. 武井康子 固液複合系の力学物性 2005, 地質学雑誌 114 6 901