メンバー

今村 剛

IMAMURA, Takeshi

教授(兼)
新領域創成科学研究科

居室: 新領域 基盤棟4H7
電話: 04-7136-3928
ファックス: --
メールアドレス:
HP: http://www.astrobio.k.u-tokyo.ac.jp/imamura/

研究分野

惑星大気科学・惑星探査

研究内容

(1)惑星大気探査
金星探査機「あかつき」は、大気中の巨大な波や渦の時間変化を赤外線や紫外線のリモートセンシングでモニターし、時速400 kmの高速大気循環がなぜ生じるのか、金星全体をおおう硫酸の雲がどう作られるのかを調べている。検討中の火星探査では、水が凝結と蒸発を繰り返しながら大気と地面の間で循環するしくみや、細かな塵が地面から巻き上げられて濁った大気が生じるしくみを調べる計画である。このような惑星探査によって新たな大気現象を発見し、その背後の物理メカニズムを探っている。
(2)電波掩蔽による太陽系天体の観測
電波掩蔽(えんぺい)とは、宇宙探査機が地球から見て惑星の背後に隠れるときと再び現れるときに、探査機と地上局を結ぶ電波がその惑星の大気をかすめることを利用して、そのときの電波の周波数や強度のゆらぎから惑星大気の構造を導出する観測手法である。金星など惑星の大気に加え、太陽を取り巻く高温ガス(コロナ)の構造と変動をこの手法で調べている。
(3)数値理論モデルによる大気物理学の探究
数値シミュレーションで惑星大気の変動と構造形成を再現して、通底する物理メカニズムを明らかにする。そのことによって、それらの天体がいま私たちが見るような姿でなくてはならない必然性を理解する。

主要論文・著書

1. Imamura, T., A. Watanabe, Y. Maejima, Convective generation and vertical propagation of fast gravity waves on Mars: one- and two-dimensional modeling, Icarus, 267, 51-63, 2016.
2. Imamura, T., T. Higuchi, Y. Maejima, M. Takagi, N. Sugimoto, K. Ikeda, and H. Ando, Inverse insolation dependence of Venus' cloud-level convection, Icarus, 228, 181–188, 2014.
3. Imamura, T., T. Toda, A. Tomiki, D. Hirahara, T. Hayashiyama, N. Mochizuki, Z. Yamamoto, T. Abe, T. Iwata, H. Noda, Y. Futaana, H. Ando, B. Haeusler, M. Patzold, and A. Nabatov, RS: Radio Science investigation of the Venus atmosphere and ionosphere with Venus orbiter, Akatsuki, Earth Planets Space, 63, 493–501, doi:10.5047/eps.2011.03.009, 2011.
4. 矢島信之,井筒直樹,今村剛,阿部豊雄,「気球工学―成層圏および惑星大気に浮かぶ科学気球の技術―」,宇宙工学シリーズ 6,コロナ社 (2004)
5. 今村剛:「地球型惑星の環境のエネルギーバランス」、物質環境科学 2「 宇宙・自然システムと人類」(海部・杉山・佐々木 編)、放送大学、 286pp.
6. 今村剛, 岩田隆浩, 山本善一, 望月奈々子, 河野裕介, 松本晃治, 劉慶会, 野田寛大, 花田英夫, 小山孝一郎, Alexander Nabatov, 二穴喜文, 齊藤昭則, 安藤紘基, 「月電離層の電波掩蔽観測」, 測地学会誌, 第55巻第2号, 307-314(2009)