メンバー

長 勇一郎

CHO, Yuichiro

助教
宇宙惑星科学講座

居室: 839
電話: 03-5841-4677
ファックス: --
メールアドレス:
HP:  

 

研究分野

惑星科学

研究内容

惑星の表面はどのような姿をしているのか。どういう物質でできていて、いつ頃できたのか。その情報は太陽系46億年の進化の中にどう位置付けられるのか。地球から離れた新しい世界の様相が知りたくて、「かぐや」や「はやぶさ2」によって得られた惑星探査画像の解析と、地球化学用分析装置を宇宙に持っていくための実験・開発を行っています。ターゲットは今後の月・火星・火星衛星探査です。具体的には、岩石や土壌の元素分析のためのレーザープラズマ分光装置(LIBS)、ガス計測のための質量分析装置、それらを組み合わせた年代計測装置の開発を行っています。実験室における原理実証実験、小型化のための開発などを、国内外の研究者と協力しながら進めています。

主要論文・著書

1. Cho, Y. and Cohen, B.A. 2018. Dating igneous rocks using the Potassium-Argon Laser Experiment (KArLE) instrument: a case study for ~380 Ma basaltic rocks. Rap. Comm. Mass Spectrom. 32, 1755-1765. 2018
2. Cho, Y., Sugita, S., Miura, Y.N., Okazaki, R., Morota, T., Kameda, S., 2016b. An in-situ K-Ar isochron dating method for planetary landers using laser-ablation technique. Planet. Space Sci. 128, 14-29.
3. Cho, Y., Sugita, S., Kameda, S., Miura, Y.N., Ishibashi, K., Ohno, S., Kamata, S., Arai, T., Morota, T., Namiki, N., Matsui, T., 2015. High-precision potassium measurements using laser-induced breakdown spectroscopy under high vacuum conditions for in situ K–Ar dating of planetary surfaces. Spectrochim. Acta, B 106, 28-35.
4. 長勇一郎, 三浦弥生, 亀田真吾, 岡崎隆司, 諸田智克, 杉田精司, 惑星探査での年代測定に向けた開発の動向, 地球化学 48, 231‒243 (2014), doi:10.14934/chikyukagaku.48.231 (総説)