メンバー

永冶 方敬

NAGAYA, Takayoshi

助教
固体地球科学講座

居室: 751
電話: 03-5841-4021
ファックス: --
メールアドレス:
HP:  

研究分野

構造地質学・鉱物物理学・構造地震学

研究内容

野外で見られる岩石構造への理解を深めることまた、これらの岩石構造と沈み込み帯での自然科学的現象、特に地球物理学的観測と関連に興味を持っています。現在沈み込み帯上部マントル物質の構造とその発達過程及びダイナミクスの解明のため、上部マントルを含む変成岩を対象に野外地質調査など構造地質学的手法、及び天然試料に対するEBSDを用いた構造岩石学・鉱物物理学的手法に、EPMAを始めとする岩石学的・鉱物学的手法を組み合わせた研究を軸としながら、地震波異方性計算等の構造地震学的研究を融合した研究も同時に推進しています。また研究の過程で、室内分析装置の最適な分析条件の探索、地震波異方性モデリングのためのプログラミングや反応前後の微細組織を直接比較観察・分析できる実験岩石学的研究手法の開発にもアプローチしていきたいと考えています。

主要論文・著書

1. Nagaya, T., Okamoto, A., Oyanagi, R., Seto, Y., Miyake, A., Uno, M. & Muto, J. Wallis, S.R. 2020. Talc CPO determined by improved EBSD procedure for sheet silicates: Implications for anisotropy at the slab–mantle interface due to Si-metasomatism. American Mineralogist, 105, 873–893.
2. Nagaya, T., Wallis, S.R., Seto, Y., Miyake, A, Soda, Y., Uehara, S. & Matsumoto, M. 2017. Minimizing and quantifying mis-indexing in electron backscatter diffraction (EBSD) determinations of antigorite crystal directions. Journal of Structural Geology, 95, 127–141.
3. Nagaya, T., Walker, A.M., Wookey, J., Wallis, S.R., Ishii, K. & Kendall, J.-M. 2016. Seismic evidence for flow in the hydrated mantle wedge of the Ryukyu subduction zone. Scientific Reports, 6, 29981, doi: 10.1038/srep29981.
4. --